インプラントの技術が確立されてきた

インプラントの技術が確立されてきた現在では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、食べ物を噛む際に義歯がグラつくといった不具合が起こる可能性もあるのです。

そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足のせいといえるでしょう。高い技量を持つ歯科で治療を受けるようにしましょう。


誰でもインプラント治療ができるわけではありません。
その大きな原因は費用の問題も大きいと思います。

ほとんどのケースは保険適用外で、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因でかなり費用が違うことも確かで、歯科医院が技術料をどう見るかで思いの外費用は違ってきます。加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかる点も知っておく必要があります。もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させることを忘れないでください。
さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんもリスクを背負っています。
もちろん、こうした既往症があるだけで治療できないといわれる可能性は低いためまずは歯科医に全て話しておきましょう。インプラントとクラウンがどう違うかというと、歯根が自分のものであるかどうかです。虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が健全であれば上からすっぽりとクラウンという義歯をはめられます。抜歯した場合の選択は、入れ歯もありますが、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。



いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費の高さは重要な問題ですね。

現実には、治療費といっても統一されておらず、歯科医院によってずいぶん違っています。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。歯一本分のインプラントで、40万円前後が相場です。


手術して人工歯根を埋め込んだ後、自分の歯がうずく反応もよくあります。人工歯根を埋め込んだことで、その付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためで時間が経つにつれておさまってくるケースが多いです。ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、治療中に異変を感じたら放っておかずに歯科医にみせることに努めましょう。


歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。



歯を抜いた、あるいは抜けた後で、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため違和感が比較的少なく、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。
ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。
治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、その条件はとても厳しいのです。普通は治療の全てが自費になるのが費用を押し上げる最大の原因です。安くできるケースで十数万円、難しいケースでは費用が数倍にもなる可能性があることを重々承知しておいてください。
インプラント治療も万能ではなく、基本的には他の治療が難しい患者さんにお薦めします。クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラントしかないとされる患者さんが多いでしょう。



インプラントは入れ歯に比べ、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。ですから、見た目を考えればほとんどの場合、インプラントが良いと言えます。
先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという辛い面があります。

こちらも気になります。お世話になってるサイト⇒猫の治らない風邪

もっと読む